【経審FAQ】赤字だと経審の点数は下がるのか

「今期は赤字なので経審も下がると思います」というお話がよくあります。

果たして、本当に【赤字=経審点ダウン】なのでしょうか。

 

経審で見ている利益

「赤字」ということは「利益が出なかった」ということを指していると思います。

一言で利益といっても、決算上はいくつかの利益があります。

  • 売上総利益(粗利)
  • 経常利益
  • 営業利益
  • 税引前当期純利益
  • 当期純利益

このうち、経審の点数に影響してくる利益は、

  • 売上総利益
  • 経常利益
  • 営業利益

です。

 

シミュレーションしてみる

では、下記のような決算があったとします。

入ってくるもの 出ていくもの 利益
売上 717,272
原価 555,685
売上総利益(粗利) 161,587
販売費及び一般管理費 129,951
営業利益 31,636
営業外収益 14,387
営業外費用 2,589
経常利益 43,434
特別利益
特別損失
税引前当期純利益 43,434
法人税 14,310
当期純利益 29,124

 

この時のA業種の点数が859点だったとします。

仮に、本来原価ではなく販売費及び一般管理費に入るべき経費が10,000千円あったとし、それを適切に振り返ると、A業種の点数は861点と2点アップします。

このように、最終的な純利益が同じでも、出ていくお金がどの部分にあるのか、どの部分の利益がどれだけあるかにより、経審の点数は変わってくるのです。

 

そして、赤字=最終的な純利益がマイナスだった場合でも、点数が下がるとは限りません。こちらも、そのマイナスが生じた利益が売上総利益にあるのか、営業利益にあるのか、経常利益にあるのか、それとも更にその下の部分にあるのかによって、点数への影響が変わります。下がった利益が上のものであるほど、点数への影響が大きくなります。

 

原則は「本来あるべき場所にいれること」

当然ですが、点数を上げるために不当に操作することは許されません

例えば、本来営業外費用に入るべきものを特別損失に持っていくとか、逆に特別利益に入れるべきものを営業外収益に入れるなどということは認められません。

 

しかし、どちらかというと多いのが、「本来あるべき場所に入れた方がもっと点数が上がるのに」というケースです。原価ではないものが原価に入っていれば売上総利益は下がるので、原価から省いて販管費など適切な場所に入れるべきです。特別損失に入れて差し支えないものを営業外費用に入れると、経常利益が下がってしまい、点数がマイナスになる方向に働きます。

 

 

税務上の財務諸表と建設業の財務諸表

経審を受ける前の決算変更届を作成する段階で、税務申告の際に作成した財務諸表から、建設業用の財務諸表を作成します。そのときは、ただ単に書き写すのではなく、適切な場所に数字を入れ込んでいきます。

税務申告上の財務諸表の正しさと、建設業用の財務諸表としての正しさは違います。

最終的な当期純利益は当然同じですが、内訳の利益がどうなっているのかが経審の時に気にすべきことです。そして、実態が税務上の数字の置かれている部分とは異なることもあります。その時は建設業用の財務諸表に作り替えるときに別の場所に置き換えます。すると、税理士さんが作成された財務諸表とところどころ異なる財務諸表ができますが、これで問題ありません。

 

細かいところまで点数アップに向けた対策を

建退共に入れば+21点、ISO登録があれば+7点といったように、分かりやすい点数アップではないため取り組みづらいのが財務内容の部分です。しかし、正しく作成することで点数が上がることがあります。

「正しく作成する」ということは、実際の在り方をしっかり財務諸表に反映させるということです。本来はもっと高く評価されるべき状態なのにそうではないのはとてももったいないことです。

財務内容をしっかり分析して、正しく評価される申請が出来るようにしましょう。

 

関連記事

>>【経審FAQ】下請工事の土木一式・建築一式工事はあり得るか


  • メールでのご相談は24時間承っておりますが、返信に2営業日ほど頂く場合がございます
  • 直接の相談をご希望の方は、フォームより日時と場所を指定してご予約ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ウェブから相談をご予約される方は、希望日時と場所をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

ご希望の相談場所

出張相談の場合は貴社所在地

※ご希望の日時に先約などが入っている場合は、あらためて別の日時をご提案させていただく場合がございます。
※土日祝は上記カレンダーの選択可否にかかわらずウェブからのご予約は承っておりません(ご希望の場合はお電話にてお問合せください)

ページトップへ戻る