【必見】監理技術者講習の受講タイミングに要注意

令和3年1月から、監理技術者講習の有効期間の取り扱いが変わりました。

 

監理技術者講習の有効期間が伸長

これまでは講習の受講日から5年間が有効だったところ、改正後は、講習を受講した日の属する年の翌年から起算して5年が有効となります。

法律的な言い回しで読みづらいですので、具体的な日を見てみます。

 

具体例

例えば前回の講習を平成28年4月1日に受講していたとします。

  • 改正前だとこの日から5年間有効なので、有効期限は令和3年3月31日となり、この日までに次の講習を受ける必要がありました
  • 改正後は、受講日の翌年1月1日から5年以内が有効になるので、有効期限は令和3年12月31日までとなり、この日までに次の講習を受ければよいことになります

 

このように、改正の前後で有効期限が変わる(伸びる)ことになります。

現場の監理技術者の方は有効期限を切らさないように受講する必要がありますが、有効期限の伸長により、管理がしやすくなりました。

 

経審の加点とするなら5年ごと

しかし、経審で加点となる監理技術者講習受講については考えが異なります。

経審では1級資格者が監理技術者証を持ち、かつ監理技術者講習を受講し、それぞれが審査基準日(決算日)時点で有効である場合、加点になる制度があります。

【決算日時点で有効であること】がとても大切なので、決算日時点で監理技術者証が切れているとか、監理技術者証講習を受けておらず有効期限切れといった場合には加点になりません

経審の方では、この監理技術者証講習の有効期限は伸長されず、これまで通り受講から5年間しか有効にならないということです。

 

ですので、経審加点が必要な場合には、これまで同様に前回受講日から5年以内に受講するようにしてください

※令和3年2月に神奈川県と関東地方整備局に確認した内容で、施行規則によるものですが、監理技術者としては有効だけれども経審では加点にならない、というズレが生じているため、今後変わっていく可能性もあるのでは、と思っております。

 

監理技術者証そのものも約5年ごとに更新があるので要チェック

講習だけではなく監理技術者証の更新も5年ごとに必要です。こちらも有効期限を切らさないよう期限管理をしっかり行ってください。

※監理技術者として建設工事に携わる方は、【監理技術者資格者証の交付を受けていること】、かつ、【監理技術者講習を修了していること】が必要です。工事現場では監理技術者証を携帯することが義務付けられており、請求があれば提示しなければなりません。

 

こちらの記事もご覧ください

>>【経審点アップ】技術者加点を確実に取る!

 

 


  • メールでのご相談は24時間承っておりますが、返信に2営業日ほど頂く場合がございます
  • 直接の相談をご希望の方は、フォームより日時と場所を指定してご予約ください。

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブから相談をご予約される方は、希望日時と場所をご選択ください
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は貴社所在地

    ※ご希望の日時に先約などが入っている場合は、あらためて別の日時をご提案させていただく場合がございます。
    ※土日祝は上記カレンダーの選択可否にかかわらずウェブからのご予約は承っておりません(ご希望の場合はお電話にてお問合せください)

    ページトップへ戻る