【経審点アップ】2年平均と3年平均、どっちが良いの?

経審の申請をするとき、申請者にとって有利な方を選択できるところがいくつかあります。そのうちの1つ、完成工事高の2年平均・3年平均の選択についてです。

 

有利な方を選択できます

業種ごとの完成工事高は2年または3年の平均で申請することになっています。例えば2020年3月決算を基準とした経審を受ける場合で、2年平均を採用するならば、2019年3月決算の完成工事高と、2020年3月決算の完成工事高の平均で申請します。

点数を上げようと思ったとき、より完成工事高が高い方が完成工事高評点は上がりますので、2年平均と3年平均を比較して高い方を選択すればOKです。※要注意ポイントがあるので最後までご覧くださいm(__)m

 

例えばこんな完成工事高だった場合。

決算年度 2018年3月 2019年3月 2020年3月
完成工事高 60,000千円 40,000千円 80,000千円

 

2年平均:(40,000+70,000)/2=55,000

3年平均:(60,000+40,000+80,000)/3=60,000

…と、このように3年平均の方が高くなるので、3年平均を採用することになります。

 

1業種ずつ選択することはできません

とっても簡単な話に思えるのですが、頭を悩ませるポイントがあります。

それが、業種ごとに2年平均か3年平均を採用することができない、ということです。

経審を受ける業種が1業種だったら問題にはなりません。複数業種あったときに、業種Aは2年平均の方が高いが、業種Bは3年平均の方が高い、といったことが非常によく起こります。

 

決算年度 2018年3月 2019年3月 2020年3月
完成工事高(土木) 60,000千円 40,000千円 80,000千円
完成工事高(舗装) 5,000千円 8,000千円 6,000千円

 

土木は3年平均の方が高くなります。一方で舗装は2年平均の方が高くなります。

 

結果が相反した時にどちらを採用するのか

視点は2つあります。

1.点数を上げたい業種の優先順位を決めること

どちらの業種の方がより高い点数を取らなければならないか、ということです。これは単純に点数が高い低いということよりも、自治体等の格付の中でどの位置にいるかも加味して考えます。例えば上のケースで、舗装を優先させなければBからCに落ちてしまうかも、なんてことがあれば、舗装を優先させて2年平均を採用します。「とにかく何が何でも土木の点数を1点でも上げたい!」という場合には、3年平均を採用します。

2.点数の差がどれくらいあるか

2年平均を採用した場合、3年平均を採用した場合でどの程度の差が出るのかも確認します。

土木は3年平均、舗装は2年平均の方が高いという状態で、土木を2年平均にすると10点下がり、逆に舗装を3年平均にしても1点しか変わらないのであれば、全体的に有効な点数を高くするために3年にしよう!という判断をすることもあります。

 

完成工事高全体だけでなく、元請完成工事高もチェック

上のお話は完成工事高全体の話です。これは経審点の中ではX1といわれる部分です。
>>X1ってどこのこと?こちらの記事で解説しています

実は2年平均か3年平均かが影響してくるのはこのX1だけでなく、元請完成工事高(Z)もあるのです。

元請完成工事高も下記の点は同じです。

  • 元請完成工事高が高いほど、点数は高い
  • 業種ごとに2年か3年を選ぶことはできない

 

単純な手計算をしてしまうと、完成工事高全体では3年の方が高いけど、元請完成工事高だけ見ると2年の方が高いということがあり得ます。

 

決算年度 2018年3月 2019年3月 2020年3月
完成工事高 60,000千円 40,000千円 80,000千円
うち元請完成工事高 40,000千円 4,0000千円 8,0000千円

 

こうした時にはやはりトータルでどちらの方が点数が高くなるのかをシミュレーションして比較することになります。

 

毎年選択は変えてOK

2年平均を採用するのか、3年平均を採用するのかは、毎年変えることができます。去年は2年だったけど今年は3年ということが認められています。

ぜひ、完璧なシミュレーションを行い、格付基準点数もにらみながら、最適な内容で申請を行ってください。

 


  • メールでのご相談は24時間承っておりますが、返信に2営業日ほど頂く場合がございます
  • 直接の相談をご希望の方は、フォームより日時と場所を指定してご予約ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ウェブから相談をご予約される方は、希望日時と場所をご選択ください

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

ご希望の相談場所

出張相談の場合は貴社所在地

※ご希望の日時に先約などが入っている場合は、あらためて別の日時をご提案させていただく場合がございます。
※土日祝は上記カレンダーの選択可否にかかわらずウェブからのご予約は承っておりません(ご希望の場合はお電話にてお問合せください)

ページトップへ戻る